ベトナムのボッタクリタクシー対策と傾向

ボッタクリってなんだか怖いわ(´;ω;`)


海外旅行でもっともよく耳にする言葉の中で
「ボッタクリ」
というのをよく耳にします。
日本ではボッタクリバーなんてのを聞きますが海外旅行では
ボッタクリなんて当たり前?のように耳にし、
また遭遇することも少なくはありません。
今回はそんな海外旅行で気をつけたいタクシーボッタクリ対策。

キーワードは「しつこくする」です。

ボッタクリとは何だ?

そもそも”ボッタクリ”とは何でしょう❓

ぼったくりとは、法外な料金を取ること。力ずくで奪い取ること。語源は米騒動の際の暴利取締令にて「暴利」を活用させたものであり、しばしば短縮されて「ぼった」、動詞として「ぼったくる」「ぼられる(ぼる)」と表現される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BC%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8F%E3%82%8A

とあります。ようは「言い値とちゃうやん!!」「相場とちゃうやん!!」
ということでしょう。

タクシーのボッタクリ

よく聞くのがタクシーでのボッタクリ。
旅行での移動には欠かせない乗り物です。
なるべくはタクシーアプリのUber,Grabなどを利用しましょう。
しかしアプリが対応していない地域もあるので
流しのタクシーに乗ることも避けては通れないこともあります。
タクシーでのボッタクリの種類を今回はベトナムの例で見ていきます。
他のタイ、マレーシア、インドネシアなどの
東南アジア諸国でも共通することは多いので参考にどうぞ。

メーター回さない

流しのタクシーに乗る際、行き先を告げれば基本的には安心の日本のタクシー。
海外のタクシーでは「メーターを使って!」
・・・というか「⚫⚫円(現地通貨)で行って〜!という交渉も必須。
特に旅行ではせいぜい英語でのやり取りになるでしょう。
ですから現地の言葉での交渉は難しいです。
おのずと

こいつ観光客じゃな!へへ!

こんな風に思う人も居ないわけではアリません。
いくら価格交渉をし安く、もしくは適正価格で交渉しても降りるときに

1万円だぞ!

といった感じに価格を変えてくる人も居ます。

いや、あなた1000円言ったでしょ?

と言っても

いや、渋滞だったし!暑いからエアコン使って大変!

とかなんだかんだ言って値段を変えてきます。
いや、”エアコン”のくだりですが、実体験ですよww

エアコン使って、道も迷って疲れたのね。千円無理!

こんな感じでタイのタクシーで言われましたよw

というわけでまずは

メーター使ってくださる?

とちゃんと交渉ししっかりとメーターを回すのも確認しましょう!


メーターも油断するな!

メーターだから安心ね(^o^)

こんな風に思うアナタはまだまだです😓
海外ではなんと”改造メーター”なんてものも存在します💦

メーターね!OKOK!
うひひ!!
改造済だもんね!

改造メーターの特徴は

  • 数字が以上に早く上がる
  • 明らかに古い
  • 停車中も走行中も同じ動き

一概には言えませんがしばらくはメーターもにらめっこしましょう。


 

ベトナムのメーターはそもそも早い

え💦めちゃくちゃメーター早い!
これってまさかの改造メーター?!

ベトナムでは正直、ボッタクリタクシーは多い方かもしれません。
安全なのは
マイリンタクシー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Conomi Nakajima(@konoming430)がシェアした投稿


かビナサンタクシー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EZSTAY Ha Noi(@ezstay_hanoi)がシェアした投稿



と言われていますが両者とも例え正規のメーターでもめちゃくちゃ早いですw
まるでルーレットのように早いですw

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

최최최최최 💕(@choichoichoichoichoi)がシェアした投稿

これで正常の動きなので焦らないようにしましょう。
でもですよ!

ジャンプメーター

コレよりももっと明らかに高速回転のメーターも存在します。
もしくは繰り上がる数字が明らかにジャンプしている!

一番大きな数字が請求金額ですが例えば
「34.0」
となっていれば「34,000VND」ということになっています。

乗車中急に34.0が65.0にジャンプしたりまぁ、メチャクチャなタクシーメーターもあります💦
もう気持ちいいくらいにジャンプしてマリオのワープ状態ですw

気付けば
「10,000」
すなわち「1000,000VND」
5000円くらいですw
ベトナムでタクシーで5000円アレばホーチミンから90km以上離れた
ビーチリゾートのブンタウ手前くらいまで交渉したらいけちゃいますw

ブンタウ

というわけでタクシーメーターでも十分に気をつけましょう!


まだあるタクシーメーターボッタクリ!

やっとホーチミン市内のブイビエン通りに着いたわ。
メーターは200.0だから200,000VNDね。
千円!やっすいわねぇ!

2000,000VND!

パット見て違いがわかる方はベトナムでは大丈夫な方です。
ベトナムの通貨単位はゼロが多いのでこんな感じでボッタクリする人も居ます。

I USE メーター!
200.0は2000,000ねぇ!

1000円から一万円にまたしてもジャンプですw

 

ケース1

どこに書いてる?
200.0はゼロ3個足してよ〜
これベトナム式!

え?そうなの?まぁ空港からココまで30分は乗ったし・・・そんなものなのか・・・・

と思って払ってしまうか

ケース2

ん?どれ?あれ2000,000VNDね!
えーとぉ〜紙幣は500,000VNDを四枚ね。
たった四枚か!

・・・と初めてのベトナムでしかも初めてに近い支払いの経験。
わけも分からず支払ってしまう方も多いです。

ゼロゼロパニック!!

混乱

という私もこんな経験が・・・・

 

お?20,000だからえぇ〜と・・・
”100,000”2枚か!

いやいやw
20,000=10,000×2枚です!(計100円位)
100,000×2枚だと=200,000です!(1000円位)
「こんな簡単な数字!」
と思うでしょうが現地で使ってみるとこのゼロゼロパニック
ベトナムではアルアルです。
露天でジュースを買って知らないうちに100円を1000円で払ってたなんてことはよくあります。
中には「違うよ?」とお金を返してくれる人も居ますが

ちょうど払ったからお釣り無しだね!
ありがとーサンキュー!

なんてお礼まで言って自らすぐ立ち去る・・・
店からしたらラッキー!と思いますよねw

すべてをゆっくり確認する!

結論としては!

【価格交渉もあせらずしっかりする】

あまり言語も通じない場合、なぁなぁにしてしまうことも多いです。
不安な際は価格を紙にかいてもらいましょう。
電卓だと消えるので紙がより有効です。

また降りるときに違う値段を言われた際は最初の金額だけ置いて猛ダッシュで逃げましょうw・・・といってもコレはリスクもあるので一番いいのは

助けを求める

どこかのスッタッフや通行人でも良い



仮にホテルやレストランで降ろしてもらう際は
「ちょっと待て!」
と伝え事情をレストラン、ホテルのスタッフに説明しましょう。
仮にアナタの英語力が低くてもおそらく相手は空気を読んでくれるはずです。

タクシーに貴重品は置き去りにしないように!

バトルに熱くなり荷物の存在を忘れる人も多いぞ!


助けを呼びに行ってる間に荷物ごと逃げ去られることもあります。
大きな荷物は出しておくか持っていきましょう。
いづれにせよ下手に怒らせないようにまだまだ穏便にしておきましょう



とっとと警察を呼ぶ

最終手段はこれかな・・・


コレは揉めて助けも求められなくなった際は有効です。
下手に最初から
「てめぇ、警察呼ぶぞ!」
という態度では相手もカッとなり暴力を振るうこともあります。
海外ではナイフや銃は思っている以上に簡単に手に入ります。
悪質な人はこういうものを所持していることもあるので
特に車内では怒らせないのは前提です。
冷静に
「じゃ、警察呼びますね」
と毅然とした態度でいましょう。


もめてもらちが明かない場合は折り合いをつける


前途のように暴力沙汰になっては元も子もないです。
悲しいですがそんな際はある程度の折り合いを見つけ終わらせてしまうのも
手段です。
「ボッタクられたぁ〜」
といっても意外に多いのは数百円だったりします。

一つの意見として
「なめられるから今後の旅行者のためにも戦うのが大事!」
という方も居ますがもしアナタが特に女性だったら・・・
これからの旅行者云々は置いておきまずは自分の安全を優先しましょう。
正直個人的には「今後の旅行者〜」は
”ぼったくるやつはいずれにせよぼったくる!”
と思っています。

 

折り合いを付けてて仲良くなった

結局はよほどの極悪非道じゃない限り意外といい人も居ます
どっちだよ!
って感じですが過去にタクシーでトラブって折り合いをつける際に
何故か仲良くなっちゃって違う日に適正価格で迎えにきてくれたドライバーも居ます。
ココは価格交渉
と同じ手段であくまでも笑顔を忘れないことです。
でもこんなこと稀だと思いますが・・・・

関連記事
海外旅行での必須アプリ



乗る前と乗った際に写真

乗る前と乗った際にナンバーや許可証が車内にあるはずです。
そもそも許可証がなければすぐに降りましょう。

その許可証やナンバーを写真に保存&できれば誰かに送信しておくと良いです。
上記の折り合いをつけるでもあまりに高額だった際は警察やこういったSNSを使用し
被害を周りに伝えてあげるのも良いと思います。

また写真を撮っておくことで相手への抑止力にも役立ちます。

とにかく身の安全を第一に!

色々と書きましたがとにかく身の安全を第一にしましょう!
またやはり近年ではタクシーアプリのGrabやUberなどを使うことを
強くおすすめします。
タクシーアプリでは仮に
「え?値段違う!」
ということが合ってもGrabの会社に問い合わせれば返金対応
(次回その分割引などのこともある)
で対応してくれ、ドライバーにもペナルティが発生します。

旅が初心者の方はもちろんなれてきた頃に
「まぁもう大丈夫だろ!」
と思い流しのタクシーで被害に合うことがおおいです。
まぁ、それ私なんですけどねww

安心安全に旅を楽しみましょう!

👆と言っても楽しい旅行。
今回、参考にしたベトナムの旅Vlogです。
魅力満載のハノイに行きたくなるかも❗

 
 
タイトルとURLをコピーしました