【厳選】海外旅行に必要な簡単な英語


「え?!英語なんて無理!だから海外旅行なんて無理っ!」

こんにちは、KUNIです。

YouTubeやテレビで

夢のビーチリゾート!

タイ、バンコクで美女と出会って夜市〜😍

「よーしっ!今度の連休こそは海外行くぞ!」

さてさて、とりあえずいろんな動画でも見てどこ行こうか決まった!

「あ・・・え?そういえば英語も話せないじゃん・・・」

「やっぱり海外ひとり旅なんて無理かぁ・・・」

待ってください!

結論から言って言語なんて通じれば良いんですよ!



出川Englishの秘密

あの国民的お笑い芸人の出川哲朗さん

彼の英語力、皆さんご存知ですか?

番組内ではハリウッドスターとなんとか交流したくて、目的地に着きたい一心で中学生でももっと上手いだろ?って英語で外国人と意思疎通を図っています!

彼の凄いところはわからない単語があれば似てる言葉、まさに連想ゲームのようになんとか伝えようとする行動力。

しかし、我々日本人も母国語で

「あの東京で有名な赤いタワーさ、名前わからないけど」東京タワー

「オイルの中に貝とかエビが入っててオイルにパンをつけて食べるアレさ〜」アヒージョ

など言いますよね?!

出川Englishもザックリ言えば同じようなもの。

要は通じれば良いんです。

もちろんビジネスでは別問題ですよ。



でも不安!!

めっちゃ気持ちわかります。

私も決して英語がペラペラではありません。

自慢では無いですが出会う旅行者に「英語上手いなぁ!」

なんてお褒めいただきますが、正直、単語力などは中卒レベルです。

高校は入学しスグに自主退学。

初めての海外ひとり旅は22歳のとき。

当時は完全に英語なんて知らんっ!!

当時はGoogle翻訳もあったか無かったか?の時代・・・

英語の勉強の仕方はまた別記事に記載するとしてココではそんな

「やっぱり不安!」

という方に旅のフレーズ集を用意しました。

スクショして暇なとき黙読、音読するだけでも身になるかもしれません。



基本的な旅行英会話フレーズ

旅行英会話が必要になる主なシチュエーションは

  • 空港
  • 両替
  • タクシー
  • ホテル、ゲストハウス
  • レストラン
  • 買い物

丸覚えしておけば損は無いです。



空港

ようやく空港に!
もちろん日本から出発の際は問題ないですがバックパッカー帰国の際は基本、英語でのやり取りとなるでしょう。



チェックイン

あなた:I’d like to check-in for my flight.(チェックインをお願いします。
スタッフ : Where are you flying to today?(本日はどちらまで行かれますか?)
あなた : To Hanoi.(バンコクまで)
スタッフ : May I see your passport?(パスポートを拝見します。)
あなた: Here you are.(どうぞ。)

今なら携帯の画面とパスポートを見せれば何も問題無いので覚えなくてもなんとかなります。

またLCCでは無くレガシーキャリアなどでは座席の考慮もしてくれたりするので

あなた:Could I get an aisle seat?(通路側の席取れますか?)

通路側席: Aisle seat
窓側席: Window seat
非常口の近くの席(足元の広い席): Exit row seat
目の前が壁の席:Bulkhead seat

ただし非常口付近は英語が話せる前提での提供がほとんどです。
話せないのに話せると言って非常事態に迷惑をかけ人命に関わるることになります。

スタッフ : Let me check for you. I have an aisle seat in row 24.(少々お待ちください。24列目の通路側の席があります。)

など表も見せて伝えてくれるはずです。

そして預け荷物があるか

スタッフ : Are you checking any bags?(預け荷物はありますか?)
あなた: Yes, just one.(1つです。)
スタッフ : Can you put it on the scale?(はかりの上に置いてもらえますか?)
あなた:Sure.(はい)

またよく聞かれるのが

スタッフ:Did you pack your bags yourself?(自分で荷造りしましたか?)
スタッフ:Are you aware of regulations regarding liquids in your carry on?
(機内持ち込み荷物での液体物の持ち込み制限についてはご存知でしょうか?)

基本YESならそのままYESと伝えるだけです。

最後に

スタッフ : Your flight leaves from Gate 20 and boarding begins at 10:10. Have a great trip.
(フライトは20ゲートから出発します、また搭乗開始は10時10分からとなります。それでは良いご旅行を。)

スタッフは旅行者に毎日接しているプロです。

焦らずにわからないことはしっかりと確認しましょう。



イミグレーション

入国審査官:What’s the purpose of your visit ?(旅行の目的はなんですか?)

あなた:Sightseeing.(観光です。)

入国審査官:How long are you staying ?(どのくらい滞在されますか?)

あなた:I’ll stay here for a week.(一週間です。)

国によっては上記のようなやり取りはせず、淡々と入国スタンプを押す審査官もいます。

もし聞かれた時には、一息深呼吸をし

Sightseeing.とI’ll stay here for ◯◯.(期間。a week.やthree days.など)

Sightseeingが難しければ

Travel とかでも通じます。

I’ll stay here for ◯◯も前置き無く

◯◯daysだけでも十分!

大事なのは通じることです。



空港で自分の荷物が出てこない時(ロストバゲージ)

ロストバゲージは海外旅行保険の項目として扱うくらいなので、決して珍しいトラブルではありません。

空港係員に一言、自分のバックパックが出てこないという旨を伝えるフレーズを覚えておきましょう。

あなた:My baggage didn’t come out.(荷物が出てこないのですが。)
係員:What is it like ?(どんな荷物ですか?)
あなた:It’s a red bag.(赤のバッグです。)

そして航空券の半券を見せましょう。

最悪、「No my baggage!」と半券を見せれば良いです。

航空券にあなたの預け荷物の番号などが記載されてるので半券は空港を出るまで決して破棄しないようにしましょう。



両替所

両替所では、日本円を差し出せば問題ないです。

ただ、帰国の際は現地通貨から日本円に変えたいときも有るでしょう。

そんな時に使えるのが以下のフレーズです。

あなた:I’d like to change Baht to Yen.(バーツを円に換えていただきたいのですが。)

I want to でも問題ないです。

もしくはお金を見せつつ

to Japanese Yen.

これでも充分です。



タクシー

タクシーは運転手とのやりとりが必ず必要となります。

主な会話は

  • 行き先を告げる
  • 料金の確認

ですね。

あなた:I’d like to go to ◯◯ hotel.(◯◯ホテルに行きたいのですが。)
運転手:Ok.(わかりました。)
あなた:How much is it to ◯◯ hotel ?(ホテルまではいくらですか?)
運転手:It’s three-hundred baht.(300ペソです。)

こんなもんでしょう

先ほどと同じように

I want to ~~

でも充分です。

また、ドライバー、特にインドのリキシャやタイのトゥクトゥクなどは一人頭の料金だと思われ勘違いされるとトラブルになりますので

Total ○○ルピー,OK?

など念押ししましょう。

念押ししてもボッタクろうとしてくることが多いですが・・・

最近では配車アプリのGrabやUberの利用が旅の移動に便利です!

オススメ記事
旅行に必要なアプリ

ホテル、ゲストハウス

特にバックパッカーは、ホテルではなくゲストハウスで寝泊まりをすることが多いでしょう。

予約無しでゲストハウスに滞在したいときのフレーズは

あなた:Is there room available?(空いている部屋はありますか?)
スタッフ:Yes.Are you checking in ?(はい。チェックインしますか?)
あなた:Can I see a room ?(部屋を見せてもらえますか?)
スタッフ:Sure.(いいですよ。)

部屋を見て設備に納得した上で宿泊を決めないと、とんでもない目に合った・・・なんてことも珍しく無いです。

部屋を見て値段を聞いて納得したら下記フレーズでチェックインしましょう。

あなた:How much is it per night ?(一泊いくらですか?)
スタッフ:The room rate is 250 baht per night.(一泊250バーツです。)
あなた:What time is check out ?(チェックアウトは何時ですか?)
スタッフ:It’s at eleven.(11時です。)
あなた:Can I check in now ?(今チェックインしてもいいですか?)
スタッフ:Sure.(もちろんです。)



レストラン

基本的にどんなレストランにもメニューがあるので、頼みたい物を指差して

This one please.

というだけでオーダーできますが、その国ならではのおすすめ料理や店員さんのオススメを聞くだけでも交流になるのでぜひ以下のフレーズを抑えておきましょう。

あなた:What do you recommend ?(おすすめはなんですか?)

または

あなた:I’d like to have some local food.(地元料理が食べたいです。)

なおしっかりと値段を確認することも忘れずに!



買い物

コンビニやショッピングモールで買うのであれば、特に英会話は必要ありません。

しかし、露天などで店主との値引き交渉などを行う機会が多いでしょう。

店員:May I help you ?(いらっしゃいませ。)
あなた: I’m looking for a wallet.(財布を探しています。)

または

あなた:I’m just looking.(見ているだけです。)

そして

あなた:Can I try this on ?(試着できますか?)
あなた:Do you have different color ?(違う色はありますか?)

そして、値引き交渉の際に使う

あなた:Could you give me a discount ?(もう少し安くしていただけますか?)

Discount,please.

だけでも充分です。

相手も聞き慣れてるでしょうから。



基本の5W1H

英語にも定番のフレーズ(パターン)が存在します。

定番のフレーズを覚えておけば、どんどん応用が効くようになります。

5W1H

5W1Hとは、

  • What(何)
  • Who(誰)
  • Why(なぜ)
  • When(いつ)
  • Where(どこ)
  • How(どのように)

この6単語を知っておくだけで、きちんとした文法でなくとも、言いたいことを相手に伝えることが可能です。まさに出川English!

例えば、トイレの場所を聞きたい時には

Where toilet (bathroom) ?

と聞くだけで、相手は何を言っているのか理解してくれます。

逆に相手が何かを言っている時も

Where 〜 your hotel ?

というように、最初のWhereが聞き取れれば場所について聞いてるということが理解できます。

your hotel ?という単語も聞き取れれば、自分のホテルの場所を聞いているのだろうと推測することもできるでしょう。

何度も言いますが

通じれば良いんです!



最後に

ココで記載した会話例はごく一部のパターンです。

日本語でもいろんな言い回しが有るように英語も同じです。

でも基本的なことを抑えてるのと何もしないのでは雲泥の差です。

この記事を読んだだけでもあなたは行動しています。

3分前のあなたとはもう違うあなたになっています。

語学勉強はよく自転車乗りに例えられます。

最初は補助してもらい

徐々に徐々に補助の回数も減り・・・

気付けばこんな遠くに来ていた!

語学に限らず何でも、例え10分でも毎日するか?!

そしてそんな努力も気付けば良い習慣になり・・・どんな事もいづれはゴールに辿り着くのでしょうね!

それでは良い旅を!


やっぱりまだ不安な方へ!

そんなアナタには超カンタンで有名なポケットサイズの翻訳機
POCKETALKをおすすめします。
なんと言っても使いやすさはスマホの翻訳機とは違います。
わざわざスマホで翻訳機アプリがあるのにこのようなものを発売するにはしっかりとしたわけがあります。
現時点で74言語の翻訳に対応し更に
読めないメニューなどの文字翻訳もカメラ機能を使い55言語に対応!
「翻訳機とかダサい!」
そういうアナタは事前にAIによって英会話レッスンもできちゃいます。
努力を見えないところでするのもカッコイイですね。
また旅先でも現地通貨を他通貨に換算してくれる便利な機能も嬉しいです。
一台あればかなり重宝しますし
あまり荷物にならないポケットサイズなので旅の助っ人として連れってってみては?

【公式限定/ワイド保証付き】 POCKETALK (ポケトーク) S ポケトーク + グローバル通信 SIM 2年 + 端末保証 3年 ソースネクスト 翻訳機 通訳機 ポケトークs【カメラ翻訳ができるNEWモデル】

価格:36,058円
(2020/4/15 00:23時点)
感想(10件)

 
 
タイトルとURLをコピーしました