現地人直伝!ベトナムコーヒーの淹れ方

ベトナムといえば悲惨な戦争や、まだ発展途上のイメージが多いかもしれません。
また観光ではフォーをはじめとした、たくさんのグルメも楽しめることでも有名です。
👉そしてベトナムに行ったことがある方ならとても強く残る印象は
「カフェの多さ」ですよね。それもそのはず。ベトナムは植民地時代の名残かいわゆる
「カフェ文化」がとても強く根付いています。
👉そしてコーヒー豆生産量世界2位❗というのもあまり知られていないかもしれません。
今回はそんなベトナムコーヒーを家庭でも楽しめる方法をお伝えします。
ポイントは「よ〜く振る」です。

ベトナムコーヒーとは?

👉そもそもベトナムコーヒーってそんなに特別なんでしょうか?
はい、特別です。
といっても何が違うかわかりませんよね。
👉簡単に言うと一般的な飲み方として有名な練乳入りコーヒー。
コレはベトナムではcà phê sữa (カフェ・スーア)と呼ばれています。
👉日本では缶コーヒーのマックスコーヒーが練乳入りで飲めます。
まさにマックスコーヒーはベトナム式コーヒーです。


ちなみにマックスコーヒーはベトナムでも人気のようでスーパーなんかで見かけます。

👉ベトナムコーヒーはなによりかなり苦味の強いコーヒーです。
カフェインも強いのでベトナム人でもコーヒーを避ける方も結構居ます。
という感じで
ベトナムコーヒーとは苦味が強いコーヒー
そして練乳を入れて飲む
以上が一般的なポピュラーな飲み方のうちの一つです。

豆の品種

👉今では様々な品種を栽培し流通していますが、定番は、
ロブスタ種というコーヒー豆が一般的なベトナムコーヒーです。
このロブスタ種を深煎しバターやチョコレートで香り付けします。
なので粉にする前はかなりの色の濃さと照りがあります。
そしてベタついています。


👉ベトナムでこういった焙煎のコーヒー豆を買って日本でミル(粉にする)と
グラインダー周辺にひっつき少々大変です。
刃にもひっつくのでこまめな手入れが必要になるでしょう。
👉しかし一度このベトナム式のバター焙煎の豆の香りをかぐと病みつきになるのも事実です。
私もベトナムコーヒー豆にハマった一人です。

ロブスタ種 wikipedia

主な飲み方

👉飲み方はエスプレッソ並みの強さが簡単に得られるのでエスプレッソのように、
またヨーグルトに混ぜて飲む方法なんかもあります。
👉そして特にベトナム北部のハノイでは
「エッグコーヒー」というのも有名です。


👉卵黄と練乳などをホイップ状にしかなり濃い目のベトナムコーヒーの上に添えて楽しみます。
味はまさにティラミス😆
👉飲み物というよりはデザートのような位置づけでまるでアフォガードです。
ココナッツコーヒーなんかもかなりおすすめです。
シャーベット上のココナッツミルクをベトナムコーヒーの上に載せて楽しみます。



👉こんな感じで基本的なカフェオレなんかも含めたらかなりのバリエーションが
ベトナムでは楽しめます。
やはりカフェ文化はかなりフランス文化に近いです。

家庭でも簡単に楽しめる

👉そんなバラエティ豊かなベトナムコーヒー。
ご家庭でも簡単に楽しめる方法をベトナム人に教えてもらったので作っていきます。

豆の購入

👆はベトナムのチュングエンコーヒーのカフェでのコーヒー豆売り場。
赤に黒のパッケージはおなじみのカラーで、スーパー、コンビニ、空港でも購入できます。
また日本でも通販サイトで購入できますよ。

👉余談ですがベトナムでは豆の状態でも購入できます。
正直、コーヒーは挽きたてが最高なのでベトナムに行った際はぜひ豆での購入をおすすめします。


👉定番のこのパッケージのは粉状になっているタイプなので開封してすぐに使えちゃいます。
尚、詳しくはココでは割愛しますが
豆の種類でTao1〜5くらいまで種類がありますが個人的には
Tao1かTao5がTheベトナムコーヒーって感じがしておすすめです。

ベトナムコーヒー SangTao1 ロブスタ 粉(中挽き) 340g チュングエン TrungNguyen Sang Tao 1
ベトナム珈琲豆屋 楽天市場店
¥ 1,158(2020/12/08 07:58時点)

淹れ方

👉コーヒー自体の淹れ方は至ってシンプルです。
豆をコーヒードリッパーにいれてお湯を入れて完了ですww

といっても豆の量やお湯の量も初めてでわかりませんよね💦
そもそもベトナム式のコーヒードリッパーが無い!
・・・という方はどうしましょう。

コーヒードリッパーはコレでも良い!

👉ベトナム式のコーヒードリッパーはアルミ製の器のようなものに下に細かいシャワーのような穴が開いてるだけのものです。
なのでゆっくりとドリップされます。
作りがシンプルなのでアルミ缶に穴を開ければつくれます。
👉もしくは普通のコーヒーペーパードリッパーで淹れてもいいです。
もちろん味わいは変わりますが手軽に楽しむには器具をわざわざ揃える必要なんてありません。
実際、本場ベトナムでもペーパードリップしているカフェも多いです。

豆の量とお湯の量

👉コツはとにかく濃く淹れます。
目安としては約20gのコーヒー豆(粉)。
測れない方はカレースプーンで多めで二杯くらいが良いです。
お湯は100cc位。
ベトナム式のコーヒーフィルターを使う際はお湯を豆全体に掛かる程度に注ぎ蓋を閉じ一呼吸置きます。
👉そして一気に8から9分目まで注ぎます。
蓋をし抽出を待つのみです。
ゆっくりポタポタ落ちるのもまた楽しいです。

ペーパードリップの方も同様に蒸らしお湯を注ぐだけでいいです。
いろんな注ぎ方がありますが細かいことはココでは割愛します。

練乳ドバァ〜❗

👉そして練乳をどば〜と入れましょう。
「多すぎ!!!!!!」
ってくらいで良いです。
目安としてはコーヒの2割弱です。
多いですよね〜〜ww
でもこの甘さに負けない強い苦味があるのがベトナムコーヒーなんです❗



👉まぁここも好みがあるのでなんとも言えませんが・・・
とにかく甘いのがおすすめです。
ここでホットが良い方はかき混ぜて完成です。
👉アイスが良い方はかき混ぜてから
氷の入ったグラスに注ぎ完成です。

ポイントは振る❗

👉おっと!冒頭でお伝えした「よく振る」
忘れてないか?
と言われそうですがコチラは番外編。
とあるベトナム人のカフェ店員に教わった飲み方。
それは「振る」

先程の練乳を入れた後の「よくかき混ぜる」工程で何かしらの密閉容器にいれ
よく振る」ことです。
「これだけかよ!!!」と言われそうですがこの工程でかなり味わいが変わるんですよ。
密閉容器はタンブラーなんかがアレば便利ですよ。

ちなみに今回記事の最後に動画も載せておいたので参考までに見てみてください。

もっともっと簡単♪なんちゃってベトナム式コーヒー

👉「ってかベトナムコーヒー豆買うのめんどいわ!」
ってかたも多いでしょう。
かんたんになんちゃってベトナムコーヒーを楽しむにはコレ👇

そしてコレ👇

「ネスカフェとクリープ?」

はいそうです!
この2つと砂糖をざっくり入れて先程の「振る」工程をするだけです。
ポイントはとにかく濃くすることです。
コレは番外編なので味は完全に缶コーヒーになってしまいますが・・・w

とにかく楽しもう

👉ざっくりとしたベトナムコーヒーの記事でしたが
あまり細かいことは避けましょう。
「淹れ方は云々」
「豆はこの量で保存は・・・」
なんてはじめはわかりません。


ベトナムでは👆のもっと大きい「布フィルター」で大雑把に

淹れてるのも見ました。
またそれがメッチャクチャ美味しかったんです。

約¥50!!


👉感覚としては特大の寸胴で麦茶を煮出している感じです。
実際、そうやって煮出すコーヒーの抽出方法もあります。
アメリカンなんて本来はそんな感じであっさりとして飲むもんです。
(諸説あり)
なので細かいことは抜きにベトナムコーヒーを楽しんでください❗

👉好みでシナモンを入れたり
練乳をはちみつしたりと何でもありです!
👉世の中にはタバスココーヒーなんてのもあるくらいですから!
それでは最後に今回の動画を載せておきますね!
よいカフェタイムを❗

 

ベトナムコーヒー SangTao1 ロブスタ 粉(中挽き) 340g チュングエン TrungNguyen Sang Tao 1
ベトナム珈琲豆屋 楽天市場店
¥ 1,158(2020/12/08 07:58時点)
 
 

タイトルとURLをコピーしました