買って得した!便利な東南アジア旅の必須持ち物7選

旅の持ち物ってかなり難しいです。
確かに大きなスーツケースやバックパックを持てば良いのですが大きく重くかなり邪魔になります。
更に最近では「LCCで機内持ち込みサイズで収める!」
という方も多いです。
今回は東南アジア旅行を毎年している私KUNIが
実際に愛用している重要なアイテムをご紹介します。


貴重品を守る見方

大切なお金、クレジットカード。
どのような管理をされていますか?
財布をカバンの中に入れて終わりですか?
クレジットカードはどうされてますか?
クレジットカードはスキミングといってカードに触れなくても
情報を抜き取られ不正利用される可能性もあります。
日本にいてなかなかそんな事を警戒したことなんてほとんど無いでしょう。
私もそうでした。

スキミング防止

ご紹介するセキュリティ ウエストポーチ
そんなクレジットカードのスキミングを防止してくれる機能も備えてます!

ソンクラーンでも安心?防水

また旅行では水に濡れてしまう持ち物。
こちらのポーチは防水機能も備えてます
中身のポケットもしっかりとカードポケットも備えてあり
チャックも使いやすく噛むことは無いです。
かなりハードに各国で使ってますが未だに現役です。

コンパクトサイズ

また大きさも長財布くらいなので
そのままカバンに入れて持ち歩き財布代わりにするのもいいです。
コンパクトサイズなのでTシャツを着て隠しても
そこまで違和感は無いです。
もちろんピタピタのTシャツは違和感でますよ。
価格もかなりお手頃なので使用年数を考えてもコスパは抜群です。

南京虫から守ろう

長期の旅行や節約旅では
特にドミトリールーム
に泊まるときは気をつけたいのが南京虫。
近年では清潔なドミトリーも増えてきてかなりスタイリッシュでカップルでの利用者も見かけます。

南京虫って?

清潔にシーツ交換をしていても発生するときは発生する南京虫。
南京虫とはベッドバグと言われていてベッドに住み着き
人を噛む小さな害虫です。
寝るときに確認しても見当たらない。
でも寝てる間に忍び寄り噛まれることもあります。
蚊に刺されるのとは違い点を描くように多数噛む事が多いようです。
噛まれた人を見たことがありますがそれは無残な姿です。
背中や足が何十箇所も一晩で噛まれてました。
南京虫はバックパッカーの間ではかなりの敵で
誰かが噛まれたらそのベッドは使用禁止になることもあります。
シーツを変えてもベッドの裏やちょっとした隙間に隠れてるらしく噛まなくても一年以上生息できるとか。
南京虫(トコジラミ、ベッドバグ)Wikipedia

高級ホテルでも油断禁物

こんな恐ろしいベッドバグ、南京虫ですが
高級ホテルだからって安心はできません。
誰かのカバンや持ち物に忍び隠れそれが高級ホテルのベッドに侵入ということもありえます。
この記事を読み
「もう旅行いけないよぉ〜!」
そんな声が想像できますが安心してください。

これでかなり安心お助けアイテム

今回オススメする
Cocoon(コクーン) IST91 サファリ トラベルシーツ シルク ヴァインはそんな南京虫、害虫からあなたの身を守ります。
実は私はかなりのビビリでちょっとでも
こんな記事を目にしてからというもの南京虫について調べまくりました。
どうやら前途のように目視だけでは防ぎきれないようなので諦めかけてました。
またスプレーしてダニなどを防ぐものも見ましたが
毎回スプレーするのも面倒だし、南京虫には効果はどうかはわかりません。
更に機内持ち込みでは液体も持ち込む量には限りがあります。
このCocoon(コクーン) IST91 サファリ トラベルシーツ シルク ヴァインはそんな心配を全て解決してくれました。

超軽量

なんと言ってもこちらの軽さはわずか
178g
めちゃくちゃ軽いです!
実際に宅配便で届いて
「え?入ってる?」
と疑ったくらい軽いです。
特に長期旅行や機内持ち込みでデリケートな重量は完全にクリアです!

超気持ちいい肌触り

シーツとしてまるで寝袋のような形で使用するコクーントラベルシーツ。
コットン素材の商品もありますが私は断然シルク素材をオススメします!
私もどちらにするか、かなり迷いました。
結果としてはシルクにして正解です。
実際に旅先で出会った方はコットン素材を使用していましたが
比べると明らかに肌触りも重さも違います。
確かに価格差は大きいですがそうは言っても数千円です。
こちらの商品では長い目で見て少しでも高品質のものを買うと長い目で見てもコスパに優れています。

効果の方も抜群

いちばん大事な効果のほうですが半年間以上ほぼ毎日使用しましたが南京虫、ダニなどの被害は一度も合いませんでした。
実際にインド、ミャンマー、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、インドネシアではかなり安いドミトリールームにも滞在してました。
もちろん害虫が居ないベッドにあたったのかも・・・
ともいえるかもしれませんが結果としては何も被害がなかったのはコクーントラベルシーツのおかげかもしれません。
帰国してからもしばらくはコクーントラベルシーツ無しだとそわそわしちゃうくらい愛用してました。
また帰国してからも手洗い洗浄しましたが特に破損箇所も見つからなかったので耐久性は問題なかったです。
長い目で見ても買ってよかった旅のアイテムでした。

Cocoon(コクーン) IST91 サファリ トラベルシーツ シルク ヴァイン
sunset 楽天市場店
¥ 21,280(2020/12/07 06:55時点)

移動時間も大事な休息時間

「まぁ、数時間だしいいか。」と思い軽視しがちな移動時間の過ごし方や環境。
わたしもそんな一人でしたがなんとなくこちらの
Purefly ネックピロー を購入し使ってみたら逆に
「なんで今まで買わなかったんだろう・・・」
と思いました。
そして移動中の飛行機、バス、電車ではかなりの確率で眠れるようにもなりましたしよくありがちなバスや飛行機で寝た後の首や肩のコリもかなり少なくなりました。
半信半疑でしたが使って納得しました。

使い方はシンプルに押すだけ

使い方は至ってシンプル
専用袋から取り出しポンプ式のボタンをおし膨らますだけです。
口で膨らます作業は不要です。
近年はコロナウィルスのこともあり皆さんの
衛生管理もさらに強まっていることでしょう。
口で膨らますタイプは見た目にもまた衛生的にもいただけませんね。
また収納も至ってシンプルで空気を抜き専用袋にしまうだけ。
サイズはスマホのちょっと大きいくらいなので機内持ち込みの荷物の一つとしても問題ないです。
きっとアナタのフライト時間が快適に何倍にもなることでしょう。

現地で使えるSIMカード

大抵の空港ではツーリストSIMというものが販売されていますが中には売っていない空港、売っていてもわかりにくい空港があります。
例を上げればインドのコルカタでは
SIMカードが販売されて無くタクシーアプリのUBERも使えず
結局は空港のプリペイドタクシーを使う羽目に。
このプリペイドタクシーもちゃんとした正規料金なら良いのですが値段も曖昧で結局は約2倍の価格だと着いてから知りました。

またインドネシアのジャカルタでもちゃんとしたSIMカード販売窓口はちょっとわかりにくく結局は相場の1.5倍位の値段で買う羽目に。

今やスマートフォンなしでは成り立たないと言っても過言ではない海外旅行。
空港に到着してスグにバスや電車、またはタクシーアプリを使いたいものです。
空港には大抵はFREE Wi-Fiも飛んでますが安定しなく結局は使い物にならないことも・・・

SIMフリー端末が必要

現地のSIMカードを使うのであればSIMフリー(ロック解除)されている端末が必須です。

お使いのスマートフォンがSIMフリーかわからなければご契約中のキャリアに問い合わせればいいでしょう。
また今では比較的安価にSIMフリー端末も購入できます。
旅行用に一台購入しても損は無いです。
日本国内でも格安SIMを入れて使うことも可能でしょうから携帯代の節約にもなるでしょう。

先に用意すると安心

以上のように現地に、特に初めて行く空港、国ではちょっとしたトラブルもあります。現地で使えるSIMカードを事前に用意することも簡単です。
AISアジア16カ国 周遊プリペイドSIM 4GB 8日間
という商品があります。
こちらは一カ国ではなく複数国で開通できるので数カ国行かれるバックパッカーでしたらもしものときに用意しておくのもいいです。
大抵の一般的なアジア旅行で行く国には対応してるようです。
ちなみにインドのコルカタの宿で出会った他の旅人がこちらを偶然用意してたらしく空港では特に困らなくてよかった〜と言ってました。

アジア周遊用 SIM プリペイド SIMカード AIS 8日間 データ容量4GB
WiFiレンタル楽天市場店
¥ 2,730(2020/12/08 06:18時点)

【関連記事】
海外旅行での必須アプリ



治安は日本とは違います

日本だとカフェでトイレに行きたくなってカバンを置きっぱなし・・・決して珍しくは無いですが海外だと速攻カバンは消えてます。

また常に携帯していてもいつの間にかチャックが空いてた・・・
ということもよく聞きます。
旅慣れればなれるほど油断しやすくなるので自分も改めて気をつけないと。

南京錠

個人的にしてる防犯対策は南京錠をチャック部分に使用すること。
もちろん南京錠をしても開けるのは余裕ですが
「警戒してるぞ!」
というアピールには間違い無くなります。
また大きな荷物、着替え等はホテルや宿に置いて観光に出かけることでしょう。

ワイヤーロック

私はワイヤーロックを使用しどこかにくくりつけて出掛けています。
これもカバンを開けられ中身だけ盗られれば元も子もないですが
「警戒してるぞ!」アピールには間違いなく役立ちます。

長距離移動にも!

また長距離移動が多くなりがちなバックパッカー旅行では移動手段として寝台列車を使用することもあるでしょう。
インドの寝台列車移動は盗難事故は多発することでも有名です。
私もコルカターバラナシ間で利用しました。

半日以上の移動で深夜は照明も落とされます。
座席にも等級がありますが正直、等級が高いほど狙われやすいようです。
また我々日本人は明らかに目立ちます。
一般的には日本人=金ある
というのは今でもあまり変わりません。

インド人も警戒する

私はそれなりにランクの高い3Aという三段ベッド席。
現地のインド人だと決して安くもなくそれなりの方が購入、乗車する席です。
就寝時、近くのインド人に
「荷物をもっとわからなく奥にしろ」
とわざわざアドバイスされ更に私が寝ている一番上のベッドに持ち上げて渡してワイヤーロックをする手伝いまでしてくれました。

私もかなり警戒してたのですがそれでも忠告されたので
寝台列車の盗難多発は本当なんでしょう。

備えあれば憂いなし

以上のように南京錠とワイヤーロックは必須です。
またアナタは
「泊まるのはけっこう高いホテルだから大丈夫」
と思っているでしょうが申し訳ないですが働いてる方は
決して高給では無いはずでしょう。
色んな事情があり出稼ぎに来ている方もいれば
窃盗のプロとグルで小遣い稼ぎしてるかもしれません。
疑えばきりがないでしょうができる限りの最低限の予防はしていくと後悔も少なくなると思いますよ。

安心して電気を使う

意外と見落としがちな充電器や変換プラグ。
正直、東南アジアでは大抵のホテルでは日本のコンセントプラグもそのまま使えます。
しかし最近ではあれもこれも充電ということは多くプラグ、
USBポートも足りなくなることも多いです。
また複数のUSBコンセントを持ち歩くのも面倒です。
マルチ電源プラグがあれば同時に3個にUSB充電、さらに最近は多いタイプCにも対応。

変換プラグにもなる

またこちらの本体自体が変換プラグにもなっているので日本のコンセント形状のものが刺さらないACアダプターを使用する際も役立ちます。
ちょっと安いホテル、宿にいくと現地の形状のプラグしか無く
パソコンのアダプターを使用する際はマレーシアやラオス、インドではかなり重宝しました。

150ヶ国以上に対応しているようなのでヨーロッパ、アメリカなどでももちろん使用できます。
こちらの変換プラグ事態にヒューズもあるので電圧が安定しない海外での過電圧による機器の故障も守ってくれるでしょう。
むしろ私はこの商品を日本でも使っています。
同時に三台のUSB充電はコンセント周りもスッキリしていいです。
旅行にも国内でも使えるので買ってよかったものです。

海外旅行保険も忘れないで

あとは忘れてはならないのが
海外旅行保険
海外渡航歴が多い私KUNIがいつも使用しているのは
クレジットカード付帯の海外旅行保険。
ご紹介するエポスカードは
年会費永年無料なのに海外旅行保険が自動付帯!

自動付帯とはあなたが海外旅行に行ったときから
自動で保険期間がスタートするとっても便利なサービス。

※利用付帯というカードも多くそちらは旅行代金(主に飛行機代)をそのカードで支払っていないと保険の資格が発生しません。
エポスカードは自動付帯なので万が一航空券代を振り込みや他のカードで支払っていたとしても付帯します。

国際ブランドのVISA対応なので現地でのキャッシングもほとんどの国で対応できます。
キャッシングについてはまた違う記事でお伝えしますが使い方をしっかりと認識していればとても便利なものです。

これを機会に年会費永年無料のエポスカードを持っておくことをオススメします。



準備から旅行

旅行とは現地に行って観光、グルメ、夜遊びを楽しむだけではありませんよね?
色々と想像しながらパッキングするのも
楽しい旅行のうちの一つ。
今回は私が特に買って、持っていってよかった持ち物をご紹介しました。
細かいものの番外編はまた違う記事で特集しますね!

 
 



タイトルとURLをコピーしました