ベトナム ホーチミン レタントン近くのドンコイ通りでマッサージ勧誘

 ベトナム、ホーチミンの夜遊びといえば日本人に人気のレタントン通りやブイビエン通りが有名です。
しかし観光で一度は通るであろうドンコイ通りも夜のマッサージ勧誘では有名です。
今回はそんなドンコイ通りで経験したマッサージ勧誘のお話です。

ドンコイ通りは観光で欠かせないホーチミンのおしゃれ通り

ドンコイ通りについて少しだけ触れましょう。

ドンコイ通りは様々なお土産屋さんやマッサージ、スパ、レストランやブランド店があるホーチミンのおしゃれ通りです。

ドンコイ通りだけ歩いていると極端に言うとベトナム感は行き交うバイクや人々のみ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

気付けば東南アジア旅行-Travel with You(@kuni_from_japan)がシェアした投稿

また周辺には夕方から人々が集うグエンフエ通りやおしゃれなホーチミン庁舎があります。

個人的にはこの周辺は何度歩いても飽きない魅力がある通りです。

また日本人観光客に人気のラッキープラザというスーパーもあります。

ドンコイ通りを男が歩くとマッサージ勧誘

 

上の地図周辺(目印としてKATINATというカフェがわかりやすい)を男性1人もしくは男性のみで歩いていると高確率でマッサージ勧誘に会います。

勧誘の人は男性の方だけではなく女性(年配の方が多い)も居ます。

時間は日中よりは夕方、日が沈みかけてきてからが特に多いです。

どこからともなく

「こんにちは!」

「マッサ!!」

などと話しかけてきます。

中には巧みな日本語を話す強者も!

中には巧みな日本語を話す強者も居ます。

「フ⚫ラチオ❗」

と突然話しかけられましたw

聞くと日本人の人が教えてくれたようです。

教えた方はぜひご連絡くださいw

ドンコイ通りマッサージ勧誘「本場あり!」

「本番あり!」

と巧みな日本語で大宣言の勧誘!w

疲れてるから〜

だから〜マッサージしてあげるから!!

 

マッサージ後に元気になったら「ヤル!!」との説明w

ほんと「ヤル」なんて我々日本人が使う言葉ですからねw

巧みな日本語でマッサージしなくても面白いですw

勧誘を受けたときは疲れて居たので両替所が近くにあるので両替して帰って寝る予定でした。

修正バッチリの写真

歩きながらでもどんどん付いてきます。

「俺の店に行ってかわいい子〜」と言い携帯の写真を見せてきます。

明らかに修正バリバリの色白巨乳の写真だらけですw

これ(写真)はウソでしょ〜〜!

ゼッタイ、ウソツカナイ!!

とまたまた巧みな日本語で返す勧誘さん。

今日はお疲れてる〜

一時間だけ行ってホテルまで送っていくよ

とのことです。お店から帰りは送迎つき?なのかな・・・・

 

断っても付いてくるんですが決して強引ってわけではないです。

人によるとは思いますが彼は巧みな日本語を話し冗談も通じ普通に楽しかったです。

しかし疲れと眠さで面倒になってきたので

今日昼にヤッたもん!

本番してないしょ?

本番した!

ホーチミンに彼女いるで!

お!写真見せてよぉ〜

写真見せて〜の下りも”疑い”っていうよりは学生ノリで
「見せてよ!!」
って感じです。とにかくフレンドリー。

とにかく女の子見に行こうよ!

明日、明日❗

じゃ、LINE交換しよ!

別にLINEくらい交換しても良いんですが関わると面倒に巻き込まれたら嫌なので

「この辺でいつもいるでしょ!俺、見たことあるもん!!」

というと何故か”ス〜”っと消えました。

考えられるのは・・・

①ボッタクリする人である
〜顔が割れてるとまずいと思ったのか。
②ちょうど交差点(次のブロックに差し掛かった)で縄張りが終わった
〜というのも交差点を渡ると新たに客引きに即勧誘された。
の2点。
 
確かに客引きにあってそれなりに楽しめたという話も聞きますが逆に難癖つけて結局は日本円で言う数万円を取られたという話も聞きます。
 

すぐさま二人目のマッサージ勧誘!

さっきの勧誘が”ス〜”っと消えて交差点を渡りすぐさま二人目の勧誘に声を掛けられます。

いらないよ〜

安いよ〜

本番付き¥5,000

言われた金額は「五千円」。

高いか安いかは個人の価値観ですが安ければ¥2500〜からでしょうか・・・
この辺は交渉次第と女性にもよります。

そして彼もそれなりの日本語を操ります。

マッサージだけでしょ?

とジャブを打つと・・・・

マッサージ。ファイナル、エッチ、イイオンナ

とラップ攻めですw

これだけ日本語を話すということは日本人のお客さんかもしくは騙された人が多いんでしょうね。

マリ⚫ァナ販売!?

面倒なので

「俺はゲイだ」

「女好きじゃない」

と適当に逃げてたら最後には・・・・

との言葉が。

「イラン!!」

とだけ伝えるとまた交差点で”ス〜”っと消えました。

やはり縄張りみたいなのがあるのでしょうか・・・・

いづれにせよマッサージもマリ⚫ァナも不要なので断りましたが。

夜遊びは自己責任で!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

気付けば東南アジア旅行-Travel with You(@kuni_from_japan)がシェアした投稿

マッサージ勧誘でそれなりに楽しめた話も聞きますが中にはなんだかんだ言われて日本円で5万円くらい取られたという話も耳にします。

またこれは間接的に聞いた話ですがマッサージ勧誘(お店)が警察とグルになり部屋に突入してくることもあるとか。

もちろん警察の要求は賄賂でしょう。

海外でお縄になるとめちゃくちゃ大変でしょうからおとなしく賄賂を払うしか無いです。

これは夜のマッサージの話だけでは無く交通違反や入国審査なんかのときにも聞く話です。

友人のRさんは台湾人ですがベトナムのイミグレでは必ず数ドル紙幣位を持ち歩きスグにだせるようにしてるとか・・・

今は無いでしょうがいっときはベトナムのイミグレでの賄賂は結構当たり前だったこともあるとか・・・

いづれにせよ夜のマッサージはベトナムでも違法なので自己責任でどうぞ!

ホーチミンのマッサ勧誘はまだまだある

今回はレタントンではなくドンコイ通りでのマッサージ勧誘についてでしたがホーチミンだけでもかなりのマッサージ勧誘があります。

過去記事ですがレタントン市場周辺では有名な「ホンダガール」のも遭遇しましたし、歩いてるだけでどこかしらでマッサージ勧誘には遭遇できます。

再度になりますが自己責任で楽しんでくださいね!

 

👇今回の記事の動画はコチラ!👇

 
 
タイトルとURLをコピーしました