高熱と下痢にあった経験を元に海外旅行で一週間損しない食事の選び方

こんにちは!
YouTubeのメッセージで
「海外の食生活で気をつけていることは?」とコメントを時々いただきます。
一年の半分以上特に東南アジアで過ごしてきた私の経験を元に今回の記事では

・海外の食事でお腹を壊したくない
・海外の食事でなるべく安全なお店に行きたい
・海外の食事で衛生面が不安過ぎる
という方にお役に立つ記事です。
 

繁盛店を探す。

結論から言いますと
「繁盛店に入る!」ことでしょう。

美味しいお店の判断はもちろん人それぞれの好みなので一概には言えませんが
海外の食事でお腹を壊したくないという方は繁盛店が比較的安全です。

なぜなら単純に食材も回転しているからです。
ポイントは
「地元民で賑わっている」ことです。

なぜ地元民向けの繁盛店?


ポイントとしては地元民向けなのですが、なぜなら
「価格も観光客価格じゃない」
という点です。

例えばタイで有名なパッタイですが
地元民向けのマーケットで食べたら40バーツくらいです。

しかしちょっと観光客向けのお店に行くと100バーツ、150バーツなんてことも多いです。
もちろんそこが好きで行くには良いと思います。

しかし、せっかくなら地元民で賑わっているお店で食べたほうが個人的には何倍も美味しく感じてしまうのは僕だけでしょうか?

また地元民が行くお店は口コミスピードも観光客向けのお店より早く回ります。
なので地元民で賑わっているお店がおすすめです。

そのようなお店はメニューも現地語だけってことも多いですがそこは身振りや指差し注文で乗り越えます。
それもまたエキサイトしますw

地元民の言語で賑わうお店の雰囲気は異国感たっぷりで最高ですよ❗

炎天下の作り置きおかず


特にミャンマーでは炎天下の作り置きおかずは結構な確率で傷んでることが多かった気がします。(普通は傷んでないことが前提の考えとして)

ちょっと他の方の旅日記を見てもミャンマーの炎天下の作り置きおかずについて同様のことをおっしゃってる記事を見かけます。

もちろんミャンマーが不衛生という意味ではないですが・・・
個人的にはどこの国でも作り置きのおかずを買う、食べるにせよ、やはり繁盛店を選びます。
特にミャンマーではなるべく炎天下のおかずはかなり慎重に選んでました。

といっても作り置きのおかずを選びご飯と出してくれるお店は東南アジアでは多いし価格もリーズナブルなので楽しむ機会が多いです。


またできたら注文後に調理してくれそうなものを選ぶのも手です。

麺料理やチャーハンなんかは一人旅ではかなりの確率で食べる機会が多かったです。

ヤバそうなら迷わず食べない

仮に美味しそうな作り置きのおかずを選び注文したとします。
さて!食べよう!と思っても

「ん??匂いが・・・」

「でもコレが東南アジアの食事なのか・・・?」

「まぁ、食べずに帰ると失礼だしとりあえず・・・」

というのは危険です。

特に日本人は
「残したら悪い気がする。」
というのが強くあると思います。
しかし最初にあなたが感じたのは
「ん??匂いが・・・」
でしたよね?

こういうのって理屈じゃないと思うんです。
動物的感とでも言うんでしょうか。

仮にその食事が傷んでなくてもなにかしらあったかも知れません。

「入っているハーブが実は合わない(体質的に)」

「体のバロメーター的に拒否している」

なんてのもあるかも知れません。

悪いと思う前にまず自分



比較的、衛生面も安心と言われるタイ。
それでも在住者の話を聞くと時々傷んでる食事に出くわすことがあるようです。

そんなときは言語が通じたら指摘してあげるのもいいでしょうし黙ってお金を払い退散するでもいいでしょう。

いづれにせよ「残したら悪いな・・・」というよりまず自分の体が第一です。

でも、決して怒ったり大声で指摘しないようにしましょうね。

以外に落とし穴のフルーツ


海外、東南アジアはフルーツ天国。

日本では高級なマンゴーなんかも格安で食べれたりします。
ただ、ここで気を抜いてはだめです。

カットフルーツでアタル人も結構居ます。

フルーツを洗う水、フルーツを切る包丁、まな板。

それらで菌が付着してしまい我々日本人はアタってしまうのでしょうか・・・
幸いにもフルーツでアタッたことはないのですが実はフルーツを使ったあれで・・・・

フルーツジュース、シェイクで高熱


コレはベトナムで比較的キレイなレストランで”人参とフルーツのシェイク”、スムージーを飲んだときのことです。

美味しくリーズナブルな”人参とフルーツのシェイク”(ジュースみたいなの)を食後に楽しみました。

その前に食べたのはちゃんと加熱されてるフォーです。

翌朝、いや、その晩から徐々にだるさが・・・

そしてお腹もゴロゴロ・・・

まぁ疲れたんだろう、位に思いそのまま就寝・・・夜中に汗びっしょりで起きてトイレにも駆け込む自分。

ちょうどお盆休みで5日間のベトナムと帰りに二泊で台南へ旅の3日目。

翌日もお腹やばいし高熱

なんとか夜が明けてもまだゴロゴロ&熱。

幸いにも嘔吐はなかったのでゆっくりと低刺激のフォーは口にするもののお腹が刺激され、またトイレに・・・・

熱もあるんだか外が熱いだけなのかわからないけど明らかにだるいのでコンビニでポカリがあったので大量購入しその日は過ごす。

結局そのまま台南に向かう

結局、医者にも行かない無知な自分。
いまはクレジットカードにも保険がついてるのを知っているけど当時はクレジットカードがあるのにそんなことも知らず・・・ホント無知って怖いです。

ちなみに自分は海外旅行保険自動付帯、年会費永年無料のエポスカードがおすすめです。

旅仲間も高確率でエポスカードを推してました。

そんなこんなで結局、次の台南へ行く日までほぼ宿で過ごしてました。

台南で悪化

高雄に着いて台南の友人が迎えにきてくれてました。

状況を説明するととりあえず体温計と熱冷ましを持ってきてくれてました。

計ると38.9℃❗

ベトナムでは体温を計ると逆に悪くなりそう(今も熱っぽくても敢えて基本は計らない)
なので計らなかったんですがこんなにも高いとは思わなかったです。

体温を見ると一気に具合も更に悪くなってきました・・・

とりあえず食事は少しは食べれたので名物の牛肉湯などを少量でも食べれましたがほとんど宿で過ごしてました。

最終日

最終日の朝。

昼の便で日本に帰国です。

なんか気も抜けたのか一番つらかったです。

歩くのも辛い。

友人は仕事を遅らせて薬や食事を買ってきてくれました。

でもほとんど食事も喉に通りません。

まじで辛かったです。

このときも幸いにも嘔吐はなかったので少しは良かったのでしょうが・・・

なんとか空港に着き席を非常口付近の広めの場所にしてもらい日本に到着しました。

帰国後も2日寝込む

帰国し即病院に行きました。

検査結果は特に菌とかは無く疲れだろうといわれたんですがマジで辛かったです。

結局はお盆の海外旅行はほぼ宿。

お金払って寝に行っただけですw

私の場合、原因はフルーツシェイクだけではなかったのかもしれません。

でも思い出してみたらミキサーもほぼ使いまわしで水で洗いでる(すすいでる)だけで綺麗とは言い難いものでした。
それからというものトラウマでフルーツシェイクは一度も口にしてません・・・・

全部が全部では無いでしょうがこんなこともあるんで十分に気をつけてくださいね!

直感を信じよう

さて、おさらいとしては

・地元民で繁盛しているお店を選ぶ
・直感を信じる
・悪いと思ってもヤバそうなら残し自分の身を一番に考える
という感じです。
 
私の経験上では海外旅行で大きな食あたりになったことはフルーツシェイク。
意外な盲点でした。
 
よく「海外の水は〜」また出される「氷には気をつけましょう!」なんてことは耳にしますが氷でアタッたこともなかったので油断してたのか、単純に疲れと重なったのかはわかりませんが慣れた頃が特に注意ですね❗
 
その後は海外では風邪のような症状でも病院に行くようになりました。
クレジットカード付帯の海外旅行保険で実質通院費は無料でした。
 
でもなにかと不安なのが言語です。
英語が全く話せなくても通常の旅行なら大丈夫ですがいざ体調不良になるとめちゃくちゃ心細かったです。
自分は海外の友人と話したりオンラインで英会話を学んだりしペラペラではないけれど不安材料は消していっています。

確かにあなたが仮に英語が話せなかったりしても正直、どうにかなります。

でも最低でも挨拶できたほうが好感は持たれる気がします。

 

 

逆にもっと現地の異性と話したい!という気持ちから英語を勉強するきっかけ、具体的な目標にもなります。

ぶっちゃけそういう下心があったほうが爆裂に伸びます。

今なら気軽にオンラインで英会話レッスンもできるので行き詰まったら利用してみるのも手ですね。

自分は色々書籍も買いあさり右往左往した結果最後には「生の英語にとにかく触れる」ことが一番だと気づきました。

一日五分でも毎日継続するのが大事です。

と思い書籍をスタートまでは大抵はしますが3日後、一週間後・・・・

そうなんですよね。意外と続かないのが人間です。

やっぱりモチベーションを高めるには生の外国人の英語に触れることです。

時間問わず学べてLIVE配信もしているNOVA LIVE STATION☆彡 なら初月は¥1,000と安心なトライアルもあるんでココは良さげです。参考までにどうぞ。

それではまたYouTubeかここブログでお会いしましょう❗
Have a safe Trip❗

 
 

タイトルとURLをコピーしました